乱読記録①

中学生の頃まではあまり本を読んだ記憶がありません。
たぶん運動部にいたため、疲れて帰ってきて、そのまま寝るという生活だったからだと思います。

それがいつからか、しかもあまり生活の役に立つことのないような本をたくさん読むようになりました。
税理士ですので税務関係の本を読んでいればいいのでしょうが、さすがにそれでは人生が寂しすぎるので、テレビをあまり見ないこともあり、自宅にいるときはいまだに読書している時間が多いです。

ジャンルはミステリーを中心に、ビジネス本、自己啓発本その他いろいろと読んでいます。

今までは公務員で税務調査をしていたこともあり、特に守秘義務ということに注意する必要があったので、SNSなどで情報発信ということは控えていましたが、せっかくいい本があるのならそれを伝えていきたいなと感じてこれから乱読記録を続けていくつもりです。