Q 1.起業しましたが、経理の仕方がわかりません。

起業したばかりの経営者の方は、営業に専念されることをお勧めします。
当事務所では、記帳代行をお受けすることが可能です。

ただし、事業が軌道にのってからは会計ソフトを導入することをお勧めします。
自分で経理するべきか、アウトソーシングする方が良いかも含め、当事務所がアドバイスさせていただきます。

Q 2.税理士(会計事務所)はどんなことしてくれるのですか?

税理士の提供するサービスの基本的なものは申告書や決算書の作成となります。
ただし、税金・会計に関する事が中心ですが、ほかにもさまざまな業務のサポートを行います。

たとえば、
・新規創業支援、相談
・資金繰り計画
・コンピュータ会計の導入支援
・社長個人の所得税の申告・相談からライフプランニング
などです。

今後も皆さまをとりまく様々な問題に対処すべく、税理士のサービス範囲を拡大していきます。

Q 3.税理士を選ぶ基準はありますか?

信頼ができること及びあなたの相談に親身になって応えてくれる税理士が一番です。
また、話しやすいことも重要です。

一例ですが、
・親しみがもてるか
・相談に乗ってくれるか
・あなたのニーズに対応できる人物かどうか
・経験豊富で知識も充分備えているか
・様々な問題に対処できるネットワークを持っているか
などかと思います。

Q 4.依頼するのは大きい事務所の方が良いですか?

大きいから良い、小さいから悪いということはありません。
大事なことは、期待するサービスを受けられるかどうかです。
問合せ、面談などをして、よく確認してから依頼しましょう。

Q 5.会社で会計ソフトに入力していますが、税理士に依頼するメリットはありますか?

会計業務と税務業務は違いますので会計ソフトに入力できても申告書の作成はまた別になります。
また、入力に間違いがないかどうかを専門家にチェックしてもらうことは必要です。

その他、税金や、経営上の相談に乗ることもできます。
税の知識がないばかりに、税金を払いすぎているケースはよくあります。

Q 6.顧問契約は不要で、決算だけをお願いできますか?

大丈夫です。
決算業務のみや年末調整業務のみでもお受けしております。
ただし、不動産所得などであればそれでも構いませんが、一般の事業所得の方は、年1回決算の関与だけの場合、税務調査の際に完全な対応ができない可能性があります。

なお、料金に関しましてはご相談の際に提示いたします。

Q 7. 顧問税理士はいますが、セカンドオピニオンとして依頼できますか?

もちろん構いません。

当事務所ではセカンドオピニオンにも対応しておりますので、現在の顧問税理士との契約はそのままで、別の税理士の意見も聞いてみたい、という事業者様向けに「セカンドオピニオン契約」がございます。
顧問税理士に聞きにくいことも何でもご相談下さい。

セカンドオピニオン契約の報酬料金は、内容により個別にお見積もりいたします。

Q 8.税理士の料金ってどうなっているの?

当事務所は個別見積りとなっております。

ただし、税理士を選ぶ際に料金がどれくらいなのかわからなければお客様も検討できないと思いますので、お客様自身が会計ソフトに入力する場合の目安としての料金表を提示しております。

なお、パソコンがなくて入力できない、帳簿の知識がなく記帳もできないという方については、別途記帳代行料が発生します。
記帳代行料については、同じ売上高であっても毎日収入がある方と、月数回の収入の方では税理士事務所の作業の時間が大きく変わりますので、会社の規模にかかわらず、お客様の仕訳数等に応じて料金を決めさせていただいております。

できる限り余計な追加料金(申請書の提出料金等)をなくすことにしておりますので、安心して質問や相談ができると思います。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

Q 9.地域の対応はどの範囲まで可能ですか?

基本的には、秋田県内のお客様に対応しております。

ただし、遠方であってもITを利用して、スカイプや会計データをメールで送っていただける場合等は地域にこだわりませんので、お気軽にお問合せ下さい。

また、秋田⇔仙台間はよく行き来してますので東北地方の方はいつでもお問い合わせください。

Q10.小さな会社でも対応していますか?

会社の規模に関係なく対応しております。
それぞれのお客様の状況に合わせた最適なサービスを提供させていただきます。

お客様の成長と繁栄が税理士の喜びです。

お気軽にお問合せください。

 

Q11.税務調査の立会いはしてもらえますか?

調査官としての経験が豊富な税理士が税務調査の立会い業務を行います。
税務調査の立会いとは、税法の正しい知識と経験を身につけた税理士が納税者に代わり答弁したりすることをいいます。

そして、税務調査の結果は立会いをする税理士によって異なる場合もあります。
税務調査の立会いは税務調査経験が豊富な当事務所におまかせください。

Q12.相談内容・財務内容が外部に漏れたりしませんか?

税理士には法律により守秘義務が課せられており、相談者・依頼者の情報を漏洩してはならないとされています。
どんな内容でも安心してご相談ください。

Q13.依頼したいのですが、どうすれば良いですか?

まずは、お電話(090-6689-6677)か、お問合せフォームでお尋ねください。

お客様の悩みをお伺いし、当事務所のサービス内容をご案内させていただきます。
詳しいご相談、サービス内容のご説明をさせていただきますので、ご納得いただけましたらご契約ください。

Q14.無料相談の内容を詳しく教えてください。

当事務所では初回の相談料を無料とさせていただいております。
お電話(090-6689-6677)か、お問合せフォームで無料相談のご予約をお願いします。
皆さまからの悩みや質問に対して、税理士が個別にご相談を承ります。
確定申告や記帳に関することのみならず、会社設立や税務全般、相続や贈与のことなど、お気軽にご相談ください。

Q15.自分で記帳や入力したいのですが指導はしてもらえますか?

事業を継続させていくためには、お客様自身での記帳や会計ソフトへの入力(自計化)は必須だと思いますので、自計化の指導にもご協力させていただきます。
お客様の実情にあった会計ソフトの選定、会計ソフトのインストール、使用方法のレクチャーなど丁寧に対応させていただきます。
迅速な利益・資金繰り計画を立てるためには自計化をお勧めいたします。
また、経理スキルのアップにより、よりハイレベルで有意義なご相談の時間を持つことができます。

 

Q16.当方に来ていただくことは可能ですか?

基本的にはこちらからお伺いいたしますので、ご安心ください。

Q17.従業員に聞こえるのが嫌なので、税理士事務所に毎月訪問しても大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。

当事務所は駐車場も広い「秋田県庁第二庁舎」内にあり、ご都合のよい日時を連絡いただき、お気軽にお越し下さい。

Q18.顧問契約の場合、どの程度訪問してくれるのですか?

毎月訪問を基本としております。
ただし、毎月訪問する必要のない業種もあります。
また、お客様のご要望により、訪問の回数を2ヶ月や3ヶ月に一度など調整することも可能です。

Q19.メールで質問に答えてもらえますか?

顧問先のお客様にはメールでの質問・回答は当然受け付けておりますが、初めてのお客様につきましては、税務に関するお問い合わせの回答はメールでしておりません。

事業の背景等がわからない状態での相談は十分に理解することが難しく、誤ったアドバイスをしてしまう可能性があるためです。

初回相談は無料ですので、お問い合わせフォームよりご予約ください。

Q20.ちょっとした電話やメールでの相談にものってくれるのでしょうか?

はい、もちろん大丈夫です。
毎月の訪問時に相談し忘れたことなど、お気軽にご連絡下さい。
顧問契約させていただいている間は、ご質問回数などに制限はございません。
ご気軽にご連絡下さい。

Q21.営業日時、問い合わせの時間を教えてください。

当税理士事務所の営業日時は、月曜日~金曜日の午前9時~午後6時までです。

土日祝日は休業とさせていただいておりますが、平日は都合が悪いとか日中は従業員等がいて話しづらいなどという場合には、お客様の都合に合わせていつでも対応いたします。

お電話でのお問合せは(090-6689-6677)までお気軽にお寄せください。
また、メールでのお問合せは24時間いつでも受付しております。
原則として24時間以内に返信させていただきます。

お問合せフォームより、どうぞお気軽にお問い合せください。

※ 電話に出ることができない場合は折り返しすぐに電話いたします。

 

Q22.報酬の支払方法を教えてください。

毎月の顧問料については、当月分を当月25日までに請求書を発行しますので、当月末までに銀行振り込みでお支払いいただくことを原則としております。
また、決算料その他スポット報酬については、決算や業務完了の日の月末までに請求書を発行しますので、翌月末までに銀行振り込みでお支払いをお願いします。

Q23.税金を減らすことはできますか?

脱税は犯罪ですので、脱税相談には一切応じていません。
ただし、節税は納税者の権利と考えております。

過度な節税を除き、積極的に提案していきたいと考えています。